CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< July 2014 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
↓ランキングにご協力お願いします↓
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

『パチプロ修行日記』

パチンコ修行僧、ぱちだまの『パチプロ修行日記』
スポンサーサイト
この広告は45日以上更新がないブログに表示されております。
新しい記事を書くことで広告を消すことができます。
| - | | - | - |
理想の稼動
自分の毎日の目標は「終日稼動」です。納得する台で一日中打ち切る事が毎日の課題です。
例えば、10:00〜22:30の営業時間の店であれば、10:00〜21:30まで打ち切れればその日の課題終了です。
基本的には、11時間稼動を毎日の目標にしています。通常回転数でいえば、2300以上は欲しいですね。
狙い台を回してる最中は、極力席は立たないようにしています。
立つのはトイレに行く時ぐらいですね。ジュースなどは、トイレのついでに買ってしまいます。食事休憩も取りません。座り続けるのはとても大事だと思っています。
自分が納得する回転率の台であれば、展開には左右されません。
その日の収支がマイナスでも、終日打ち切る事が出来れば勝ちです。
逆に、その日の収支がプラスでも、終日打ち切れなかった場合は自分の中では負けですね。
続きを読む >>
| 立ち回り | 17:09 | - | trackbacks(0) |
周囲とのバランス
店、常連、他プロとのバランスも、重要な立ち回りの一つだと思っています。
一つの店で勝ち過ぎるのは出来るだけ避けるように心がけています。
店側からしたら、1番来てほしくないのが「パチプロ」ですね。サクラを必要としない店では、百害あって一利なしなのが「パチプロ」です。
プロは客ではありません。店にとっての客とは、負けてくれる人の事です。特にその中でも、1番大事な客は「常連」です。
釘をいくらシメても、毎日のように通い続けてくれる常連のお金で店は成り立っています。
店にとって生命線とも言えるその常連が、毎日箱を積んでいるプロを妬んで苦情を出したら、店側としては動かざるを得ませんね。
最悪で出禁、良くて止め打ち禁止などの不利な条件を出される恐れもあります。
自分がローテーションを組んでいるのは、その理由が最も大きいです。
続きを読む >>
| 立ち回り | 09:15 | - | trackbacks(0) |
打ち方(止め打ち、ストローク)
自分の打ち方は止め打ちが基本です。保3止め、ステージ止め、時短止めは必項です。
これらの止め打ちをするだけで、毎回2〜3回は回転率が上がっています。
ですが、止め打ちにも欠点があります。それは時間効率が悪いという事です。
その欠点をカバーするために、リーチ中でも保留が3つになるまでは打ち出しを止めません。信頼度が高いリーチでも止めません。止めるのはプレミアリーチのみです。
もう一つ、欠点カバーのためにやっているのが単発打ちです。保留3の時に1〜2発ずつ打って、スタートチャッカーを狙います。
これなら、無駄玉を防ぎ保留4にする事が出来るので、回転率も回転数も稼げて一石二鳥ですね。
リーチ中打ちっぱなし、保3単発打ちが、止め打ちの時間効率の悪さをカバーする自分の打ち方です。
続きを読む >>
| 立ち回り | 07:29 | - | trackbacks(0) |
台選び(釘見、試打)
先ずは、横の比較でヘソ釘を一通り見ます。

〔ヘソ一律調整の場合〕

寄り釘を、横の比較で見ていき、寄りが良い台を見つけたら、道釘、誘導釘を見ます。
道釘、誘導釘に問題がなければ座って、スルー、アタッカー周りを見ます。
スルー、アタッカー周りに問題がなければ、試しに1k打ちながら、ワープへの入り、ステージグセ(ネカセ)を見極めます。
ワープへの入り、ステージグセが良ければ、回転数が多少足りなくても、もう1k打って様子を見ます。クセ悪で回転数が足りなければ即ヤメです。

〔ヘソメリハリ調整の場合〕

ヘソが大きくアイてる台を、何台か目星をつけます。その中から寄りが1番良い台を選び、道釘、誘導釘を見ます。
あとは、一律調整の場合と一緒です。なるべくクセ良し台を探していきます。
続きを読む >>
| 立ち回り | 06:06 | - | trackbacks(0) |
店選び
自分の移動手段は自転車です。自転車で片道一時間ぐらいまでの店舗がテリトリーになります。
店から送られてくるハガキやメールの内容で判断します。
使うのは殆どがチェーン店です。個人経営の店は、殆ど使いません。理由は小さい店だと嫌でも目立ってしまうからです。なので、台数が出来るだけ多い店がいいですね。
次に、スロットよりもパチンコに力をいれている店舗を使います。スロットよりもパチンコの台数が多いのが最低条件です。
あとは、なるべく郊外にある、マジイベントを打つ、通常営業でも打てる台を置く、釘にメリハリがある、止め打ちや変則打ちを禁止しない、プロを頭ごなしに嫌わない
……など、優良店の条件をあげたらキリがないですが、なるべく使いやすい店を選びます。
続きを読む >>
| 立ち回り | 05:08 | - | trackbacks(0) |
基本スタイル
自分の立ち回りは基本的に終日稼動です。狙い台を決めたら閉店役1時間前までは打ち切ります。
納得する台で持ち玉であれば、いくら連チャンしようが、いくらハマろうが打ち切ります。
ですが、納得しなかったり持ち玉が切れたりした時は例外として打ち切らない場合もあります。
確時中に玉が減ったり、出玉が少なかったりした場合もヤメる時があります。
現金投資時は足りてても、出玉削減で足りなくなる場合があるので、一箱分の平均回転数でいつも見極めます。計量カップは使いません。
デジタルの場合は15:00以降からは極力打ち始めません。
続きを読む >>
| 立ち回り | 04:12 | - | trackbacks(0) |
狙う台
自分の立ち回りはボーダーです。オカルト的な要素は含みません。あくまで釘(クセ、ネカセ)重視です。
羽根物をやる時は前日、前々日の大当り回数、最高大当り回数などをチェックしますが、デジタルの場合は一切データ表示機をあてにはしません。あくまで回転率重視です。
機種によってボーダーが違ってきますが、現金投資時でのボーダー+2以上を最低ラインとして打っています。
例としては、換金率3円のスーパー海物語だとしたら、現金投資時のボーダーが約23/kなので、25/k以上の台を毎回狙います。
現金投資時に25/k以上あったとしても、持ち玉になってから、一箱分での平均回転数が足りない場合は止める場合もあります。
一箱分での平均回転数も機種によってトータル確率が変わってきますが、例のスーパー海物語なら最低170以上は欲しいところです。
続きを読む >>
| 立ち回り | 03:07 | - | trackbacks(0) |
データ
以下は毎回記録するデータです。

〔基本データ〕

・稼動時間(○:○〜○:○)
・店舗(新装、イベント名)
・機種名
・台番号
・投資額
・回収額
・収支額

〔デジタル〕
・終日回転率
・平均一箱回転数
・ステージ癖(ネカセ)、確時中玉増減(スルー)、大当り出玉(アタッカー)のチェック(良→悪…☆◎○△×▼の6段階評価)
・通常時、確時中、大当り中の最良ストローク。
・玉飛び(バネ)、玉止まり(上皿)のチェック

〔羽根モノ〕

・鳴き、寄り、癖のチェック(同じく6段階評価)
・大当り回数/1h(直撃大当りは含まない)
・最良ストローク
・玉飛び(バネ)、玉止まり(上皿)のチェック
続きを読む >>
| 立ち回り | 01:54 | - | trackbacks(0) |